ウェルスナビ(WealthNavi)で積立を始めてから11ヶ月が経ちました。

毎月中旬には運用実績を載せていましたが、今回は月の最後の最後まで見る勇気がありませんでした。

皆さんご存知の通り、今月は日経平均もダウも相当芳しくありませんでした。
リーマン級といっても過言ではないかもしれません。

私の周りでも阿鼻叫喚があがっていました。
体調を崩されている方もいました。

これだから投資って怖いってイメージがあるのでしょう。

その考えは否定しません

先月時点でさえ相当のマイナスです。銀行預金の方がマシと言われても否定できません。

とはいいつつも、右肩上がりで経済は成長してきた実績があります

確かに日経平均株価は1989年の38957円をピークに成長していませんが、アメリカ経済は
順調と断言はできませんが右肩上がりになっています。

ただ、相場は一定ではなく一定期間低迷していたこともあります。

プロでも予測が難しいので素人にはどうしようもないでしょう。

ではどうすればよいのか? それはもう継続してくださいとしか言えません。

経済が停滞し続けることはないので、いつか浮上したタイミングで売るのもありでしょう。

そのためには短期間で儲けようとは思わずにあくまでも余剰金で、それに投資していることを
忘れるくらいの気持ちが大事なのかもしれません。

まずは私の結果をみて落ち着いてください。

自分だけ密かに儲けながら皆さんに綺麗事を述べているわけではないことが
わかっていただけるのではないでしょうか。

私もこの結果をみたときは愕然としましたし、投資やめようかなあとさえ思いました。

だって、投資をいくつか試しましたがその全てがことごとく今年はマイナスなんですよ?

正直、向き不向きという次元を超えています。

ロボアド、投資信託、仮想通貨とやっていますがトータルでの損失は余裕で100万超えです。

将来のためと言いながら、資産は減っていく一方です。

でも、余剰金で行なっている投資なのでそこまで精神的にダメージはないわけです。
逆に安く買えてラッキーとさえ思えています。

確かに副業となるとすぐに浮かぶのは投資でしょう。

ただ、投資で勝てるのはしっかりと学んでいる人です。無勉強だとビギナーズラックはあっても、
勝ち続けることはできません。

投資は自分でコントロールできない部分もあります。
例えば株なら自分が持ってる株が売られ続けていれば価格は下落します。
自分にできることはありません。強いて言えばダメージを負う前に損切りすることくらいです。

だからこそ、もっとマネーリテラシーを高めて命の次に大事なお金を守る必要があるのです。

マニーリテラシーがないとインデックスファンドで投資信託を買ったりロボアドバイザーをするくらいの
選択肢しかありません。選択肢を増やすためには知識を得る必要があります。

そのためにどうしようかもっと真剣に考える必要があります。
そもそも手間暇をかけずに勝てるなら誰もが投資してるはずです。

私もまずは簿記三級から始めようと思います。

私の周りには簿記の知識で企業ごとの財務諸表を読めるようになり、株で一財産を築いた人が出始めました。

インプットを増やすことで自分の選択肢が増える良い典型ですね。

皆さんもロボアドなどの他人任せの投資が不安なら簿記から始めるのも悪くないのではないでしょうか。




スポンサーリンク
おすすめの記事