THEO(テオ)での運用も8ヶ月が過ぎました。

ウェルスナビ(WealthNavi)同様で運用実績をみるのが怖かったですがようやく決断できました。

それはね、勝ち続けられるはずがないことはわかりますよ

でも、始める時期が悪かったのか、初年度からマイナスになってしまうと
投資って怖いなあとなってしまいますし、これから始めようとしている方に
オススメできないです。

そんなこと言ってもしょうがないですが(笑)

こういったサービスは基本放置というか積立設定をしてから
忘れるくらいの運用が正しいのかもしれないですね。

毎日のようにログインして結果にあたふたしていては元も子もないです。

せっかく自動化できているのでその利点を活かさないともったいないです。

ということで、あれこれいっても仕方ないので結果を見ましょうか。

先月時点では-1,340円(-0.19%)でした。それが-41,909円(-5.99%)にまで下落しています

ただ、ウェルスナビ(WealthNavi)ほど下落していないので、
そこが唯一の救いです。

とはいえまだ始めてから8ヶ月です。
それに常にマイナスかと言われると決してそんなことはありません。

タイミング的には5%を上回っていた時期もあります。

それに下落は必ずしもデメリットだけではありません。

おそらくロボアドを使っている方は毎月積み立てていると思われます。

定期的に積み立てていれば、相場が停滞しているときはその分安く買えることになります

そうすればいざ上がった時にその分利益を積み重ねられるわけです。

積立投資は続けていれば誰でも勝てる投資です

勝てない人は感情に振り回されている人です

将来のために確実に資産を増やしたい方は頻繁にマイページにログインするのはやめましょう。
そして、あくまでも余剰金で始めるようにしてください。

その二つが守られていれば投資に振り回されることはなくなります。

一時的に私のようにマイナスになることもありますが焦らないでください。

別にいますぐ換金するわけではないので今の評価額を気にする必要は全くありません。
いざお金が必要な時に資産が増えていれば良いのです。

THEO

とはいえお金は命の次に大切ですよね。投資信託はその名の通り信じて託すという意味です。
それでも預けるのが不安な方はまずは自分のマネーリテラシーを高める必要があります。

マネーリテラシーが高まれば必然的に積立投資の重要性もわかってきます。
よくよくは自分で個別株や債券を購入したいということであれば簿記を始めてみるのも良いでしょう。

上場企業の決算書が読めるようになるので会社の本当の経営状態がわかります。
そうすることでリスクを避けることも今後伸びる企業もわかるようになります。

スポンサーリンク
おすすめの記事