f:id:shobrisbane:20180424230653j:plain

 

 

 

 

朝起きてから、または仕事や勉強のお共にコーヒーを飲まれる方は多いと思います。

 

単にコーヒーの香りや味が好きなことも理由の一つかもしれませんが、そういった方でもカフェインが眠気覚ましや集中力の維持に繋げる効果があるのはご理解頂いているかもしれません。

 

ただですよ、それはコーヒーの持つメリットのほんの一部でしかありません。せっかくですから、この機会にざっくりとコーヒーの素晴らしさを再確認してみてください。

 

  • ダイエット効果

ダイエットに興味がない人は少ないと思います。興味はなくても自分の体型を気にされている方は多いと思います。

よく、有酸素運動(ランニングなど)は20分以上経ってから効果が出るという話を聞いたことはありませんか?

 

これは運動を始めてから最初にエネルギーとして使われるのは血液中の糖分からです。

スポンサーリンク

身体はまずは糖質をエネルギー源として使います。そしてそのあとに脂肪を燃焼するメカニズムとなっています。運動の20-30分前にコーヒーを飲むことでカフェインが脂肪燃焼を促進するのです。

 

  • アンチエイジング

なるべく健康で若々しく日々の生活を送りたいですよね?

コーヒーにはクロロゲン酸というポリフェノールに分類される成分が含まれています。この成分には抗酸化作用という体内の活性酸素を除去し、その増殖を抑える働きがあります。

  • がん予防

日本の逝去原因の第一位はがんです。

 

 

コーヒーは全てのがん予防に繋がる結果は出ていないのですが、国立がん研究センターの調査ではコーヒーをよく飲む人の肝がんの発生率が低いことが確認されています。

 

コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ

 

 

さらなる研究に期待ですね。

 

  • 二日酔い予防

カフェインは二日酔いに有効です。

 

頭痛はアルコールの過剰摂取で、肝臓で分解されたアセトアルデヒドが混じった血液が流れることで起こります。

アセトアルデヒドを含んだ血液は酸素を少しでも多く取り入れようと拡張してそれが神経を刺激するためにあの二日酔い独特の痛みとなるのです。カフェインは血管の収縮効果があるので血管の膨張をしずめてくれます。

 

どうでしたか?コーヒーのメリットは他にもありますが、これだけでもいかにコーヒーが嗜好品としてだけではなく、私たちの生活を助けてくれる飲み物なのかわかっていただけたかと思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事