f:id:shobrisbane:20180424224809j:plain

 

 

 

 

プロテインは筋トレしている人のためのもの。プロテインを筋トレしていない人が飲むと太る。そう思い込んでいる人は未だにいます。

 

はたして本当にそうなのでしょうか?プロテインは日本語でいうとたんぱく質です。

 

たんぱく質は三大栄養素の一つで生きていく上で特に重要な栄養素です。もちろん、筋肉をつくる上でも欠かせない栄養素ですが、血液、髪の毛、皮膚、内臓など体を作る上でも欠かせません。

 

筋トレの有無によらず、たんぱく質が必要だということはご理解頂けたかと思います。ではどのくらい摂取すればよいのかという話になりますよね。

 

これには諸説がありますが、体重x1gという意見が多いです。60kgの方は60gですね。筋トレされている人は体重x2gやそれ以上の方もいますが、そうでない人は体重x1gが一つの目安です。

 

以下にタンパク質含有量の多い食品がまとめられています。とはいえ、それでも食事だけで補うのは意外と難しいかもしれません。

cp.glico.jp

 

そのためにプロテインを活用してほしいのです。

 

プロテインでしたらどの商品かにもよりますが、一回でたんぱく質を15-20gは摂取できますので、1日の摂取量の3分の1は1回のプロテインで補充できてしまいます。プロテインを習慣化することで普段の食事をそこまで神経質に考える必要がなくなります。

 

これは理想的ですね。

 

そして一口にプロテインと言ってもいくつかの種類に分かれます。自分が当てはまるタイプによってそれにあったプロテインと選ぶと良いです。

 

大まかに三つのプロテインを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ホエイプロテイン

牛乳を原料として作られるホエイ蛋白を使用。

消化吸収が速いのでトレーニング直後や起床後などすぐにたんぱく質を補給したい時に飲むと効率よくたんぱく質合成を促してくれます。

 

カゼインプロテイン

牛乳に含まれるカゼイン蛋白を原料に使用。

消化がゆっくりで6時間程かけて吸収されるため、就寝前や食事の間隔が空いてしまう時に飲むことで筋肉の分解を防いでくれます。

 

スポンサーリンク

ソイプロテイン

大豆を原料に使用。

吸収は比較的ゆっくり。動物性たんぱく質が苦手な人はこちらをお勧めします。大豆イソフラボンの効果でホルモンバランスを整える作用もあると言われています。

とはいえ、そこまでも神経質になる必要はありません。一番大切なのは自分のできる範囲で続けることです。

 

ドラッグストアでもプロテインは買えますが、Amazonの定期便であればよりお得な値段で購入できますので懐にも優しいです。

まずはザバスのプロテインが良いでしょう。値段も手頃ですし、味も美味しいです。

 

もっと別の種類を探したいとなったら栄養成分を見て判断するのも良いでしょう。

 

夏に向かって健康的な身体を目指したいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事