f:id:shobrisbane:20180424223444j:plain

 

 

 

 

糖質制限では糖質を制限しつつ、たんぱく質を増やせば良いと思うかもしれませんが、それだけでは不十分です。

 

脂質も気にする必要があります。

 

脂質を摂りすぎると太るということは周知のことだと思いますが脂質自体は摂取する必要があります。

 

基本的な知識についてもおさらいしておきましょう。

 

スポンサーリンク

脂質は3大栄養素で、1gあたり9kcalのエネルギーがあり、3大栄養素の中では最もエネルギーがあります。

 

そして2つに分類されます。

 

飽和脂肪酸不飽和脂肪酸です。

 

飽和脂肪酸は動物性の脂です。不飽和脂肪酸は魚の脂などです。不飽和脂肪酸は食事でしか摂ることができません。

 

脂質と聞くとマイナスイメージを持っている方は多いですが、ちゃんとした役割もあります。

 

役割という観点から見ると脂質は中性脂肪、コレステロール、リン脂質に分けられます。 

 

中性脂肪は健康診断でも話題にあがるあれです。主にエネルギー源として使われます。糖質が足りなくなってくると脂肪をエネルギーとして使いますので、糖質制限をしつつ、適度な運動を続けていると中性脂肪をエネルギーとして使ってくれます。

 

コレステロールも中性脂肪と同じくあまり良いイメージはないですよね。とはいえ、実際は細胞、ホルモン、血管の補修などにも使われる大切なものです。

 

リン脂質は聞きなれないですが、細胞膜の主成分としての役割があります。

 

 

不飽和脂肪酸が料理からしか摂取できないと言いましたが、その不飽和脂肪酸が良質な脂質と呼ばれるものです。

 

良質な脂質は主に以下のものがあげられます。

aリノレン酸

えごま油や亜麻仁やくるみやチアシードなどに含まれています。善玉コレステロールを増やす効果があります。

 

スポンサーリンク

DHA・EPA

鮪や鰹やアジや鰤に含まれています。中性脂肪を減らしたり、血液をさらさらにする効果があります。

 

オイレン酸

オリーブオイルやアーモンドオイルなどに含まれています。悪玉コレステロールを減らす効果があります。

 

次に摂取を控えるべき脂質を紹介します。

トランス脂肪酸

悪玉コレステロールが増えて善玉コレステロールが減ること、心臓病のリスクが高まることが報告されています。

 

すぐにわかるトランス脂肪酸:農林水産省

 

 

マーガリンやスナック菓子、パン、ビスケットに多く含まれています。

 

飽和脂肪酸

中性脂肪の増加や血中コレステロール値の上昇、狭心症や心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

 

バターやラード、生クリーム、サーロインなどに含まれる脂質です。

 

オメガ6系脂肪酸

ごま油や大豆油など普段の調理/料理に多く含まれる脂肪のため、意識しないと摂取しすぎてしまいます。これと言った危険性のあるものではないですが、脂質なので摂りすぎには気をつけるべきです。

 

 

脂質には体の材料とエネルギーになるという大切な役割があるとはわかって頂けたかと思います。脂肪だからと言って避けたり、逆に糖質制限中は糖質ではないからと過剰に摂取するのではなく、不飽和脂肪酸を積極的に摂るようにしてみてください。

 

糖質制限しつつ、たんぱく質を重点的に摂取して、脂質も意識する。その生活を続けるだけで身体は激変します。

 

ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事