f:id:shobrisbane:20180424234148j:plain

 

 

 

 

糖質制限は食事制限ではありません。

 

むしろ、食事の間隔をあけすぎることで血中の糖分は不足します。それは良いことと思うかもしれませんが、実は違います。

 

脳が飢餓状態を感知しちゃうからです。

 

そうするとどのような弊害が出るかというと、次に食事をしたら栄養をたくさん蓄えようとします。そのために脂肪を溜めこみやすくしてしまうのです。

 

せっかく我慢しているのに、太りやすくなるなんて本末転倒だと思いませんか?

 

つまり、食べものを選べばおやつはむしろ必要だということです。そうはいってもいちいち選ぶの面倒ですよね。

 

そういう方のためにオススメしたいのがプロテインバーです。

 

プロテインバーはその名の通り、プロテインが主成分となっています。プロテインバーによっては糖質が多く含まれているものもあるので注意が必要です。そうは言っても、せっかくのおやつなので美味しいものを食べたいですよね。

 

ただ、心配いりません。

 

これから腹持ちもよくプロテインも摂れて極力糖質を抑えられる美味しいプロテインバーを紹介したいと思います。

 

 

これはね、美味しい。それに尽きます。

 

プロテインも10gは含んでいるのでおやつにしては合格点です。味はウエハースやオレオといえばイメージつく方がいるかもしれません。

 

成分はもちろん大事ですけど、この商品はリーズナブルなんですよ。Amazonの定期おトク便にしたら一本100円切りますからね。

 

普通におかし買って一日のおかし代が100円以下はありえないですから、続けるという目的であればこれがベストかもしれません。

 

 

こちらはボリュームという観点から見ると一番満足できる商品です。

 

味はグラノーラのナッツ部分がギッシリ詰まっているのをイメージ頂くと良いかもしれません。大部分はサクサクのパフでできているので重すぎず、軽すぎず、夕食までの繋ぎには理想的です。

 

何より、これ一本でプロテイン20gというのが驚きですね。海外製品はプロテインとか規格外に入っているので、鍛えている人には特に向いていると思います。

 

 大きさはないですが、チョコが濃厚でナッツがびっしり詰まっているので、スニッカーズをイメージ頂く方もいるかもしれません。ただ、スニッカーズよりチョコレートが濃厚で満足感はあります。

 

ただし、単独で食べると喉が乾くかもしれません。

 

こちらもたんぱく質は20gも含んでいます。

 

 

ざっと紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

一食分の食事を胃腸が消化するのに4-5時間かかります。

 

そのため、食事の間隔も4-5時間が理想とされています。そう考えると昼食から夕食の間があきすぎてますよね。

 

ですので、おやつは三時という固定観念は捨てて、空腹を感じた時に上記のプロテインバーをサクサクしてみてください。

 

おやつを考慮するだけでもだいぶ身体が変わりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事