f:id:shobrisbane:20180703051234j:plain

 

 

投資をするなら分散投資が基本ですが投資ごとに証券会社を分けるのは面倒ですよね。

 

基本的に証券会社の口座を複数持っている方はIPOのためであるとか扱っている商品の違いであるとか理由は様々あるとは思いますが、初心者はSBI証券口座を開けば間違いない理由をお話しします。

 

使いやすい

 

頻繁にアクセスしますので使いやすさは重要ですよね。

 

見やすいレイアウトでナビゲーションバーからもどこに何があるのか一目瞭然です。

 

 

口座管理にアクセスすると、NISAやロボアドバイザーなど、ワンクリックで運用実績を確認できちゃいます。

 

 

IPOチャレンジポイントがある

 

他の証券会社にはないサービスですね。SBIのIPOではIPOチャレンジポイント枠があるので、IPOチャレンジポイントを貯めれば将来的にIPOで購入できる確率が上がります。

 

せっかく証券会社の口座を持つのでしたら他の投資をしつつ、IPOが当たる確率をあげておきたいですよね。

 

テーマ別の株式購入ができる

 

正直、株やFXは初心者にはハードルが高いと思います。

 

ただ、SBI証券ではテーマ投資というものがあります。その名の通り、下記のようにテーマ別で投資できちゃいます。

 

 

例えばAIを選択しますと、下記のように購入コースが10万/20万/30万の中から選べます。直近の実績が表示されるのも何気に嬉しいですよね。

 

 

同じページに構成銘柄も表示されます。

 

見てわかるように選んだコースによって各株式の数量が決められています。注文入力画面にアクセスするとわかりますが、なんと数量はカスタマイズできます。

 

 

通常、株は100株や1000株単位で買う必要がありますが、このサービスの良いところは株を1株単位で買えてしまうところです。

 

100株/1000株単位となると購入金額も大きくなるのでいざマイナスに転じるとショックですが数量を抑えて分散投資することでマイナスになるものがあってもトータル的にプラスになれば何も問題はないですよね。

 

上記イメージが良い例です。

 

ソフトバンクの株だけ買っていればマイナスですが、他でカバーできているのでトータル的にはプラスですね。

 

積立投資が100円単位で行える

 

初心者は何を買えば良いのかピンと来ないと思います。

 

その場合はまずは100円からでも投資信託の積立を始めるのがオススメです。複利の力は偉大です。始めるのが早ければ早いほど資産が大きくなりやすいです。

 

投資信託は買い付けに手数料のかからない[ノーロード]を選んでください。手数料がかかるものは最初からマイナスでスタートするようなものなのでオススメできません。

 

さいごに

 

選択肢がたくさんあることは良いことですが、逆にありすぎるとどれが良いかを見極めるのは困難です。

 

それでしたらまずは評価の高いSBI証券の口座を開いて見てはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事