f:id:shobrisbane:20180517212225j:plain

 

 

 

 

ロボアドバイザーは人工知能を利用して資産運用のアドバイスを行うサービスです。

 

どのロボアドバイザーを使い始める時でも最初にいくつかの質問に答える必要があります。逆にいうとその結果だけでAIに分散投資をおまかせできちゃいます。

 

株の個別投資やFXは初心者には非常にハードルが高いです。

 

ハードルが高いだけではなく、全てが自分の判断に委ねられるので初心者は特に感情に左右される恐れがあります。何より、数多くある中からどれかを選ぶかなんて判断できないですよね。

 

そう思っている方に向いているのがロボアドバイザーです。

 

これから紹介するサービスは基本的に入金して質問に答えるだけで後は放置でOKです。

 

せっかく便利なサービスがあるのですから餅は餅屋にまかせましょう。

ウエルスナビ

私もウエルスナビを使用しています。運用結果は過去記事をご参照ください。

  

検討されている方はまずは無料診断だけでも行ってみてはいかがでしょうか。

無料診断(最短1分・全6問) : WealthNavi(ウェルスナビ)

 

 

まず、ウエルスナビの良いところは運用予測があることです。

 

いくつかの項目をそれぞれ指定することができます。

 

 

上記項目が反映されたものが以下です。

 

 

内容によって予測はかわるので、自分の目標金額によって 許容度を上げたり下げたりすることもできます。

 

だいたい何年でいくら貯まるの? ここは一番気になるポイントですからね。

 

あくまでも予測ではありますが、こうした機能があるのはありがたいですよね。

 

他の良いところは出金手数料が無料で最短3営業日で指定の口座に入金されるところです。つまり、おろしたいときにいつでもおろせるので銀行の普通預金と同じように使えます。

 

ネットバンキングを使えば指定された銀行ではATM使用料をとられないので、むしろほぼゼロ金利のメガバンクに寝かせるだけより断然お得です。

 

クイック入金機能もあるので24時間365日リアルタイムで口座入金もできます。

 

そして、手数料も預かり資産の1%のみです。

 

 

 尚、税金も最適化されるのでサラリーマンの方は特定口座(源泉徴収あり)を口座開設時に選択していれば確定申告は不要です。 

 

THEO(テオ)

テオは1万円から始められるので手軽にロボアドバイザーを始めたい方に向いています。まずはテオから始めるのも良いでしょう。

 

私もやってます。

 

 

ただ、10万円に達していないとポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)が株式中心に構成されていくので、バランスよく投資を行うためには10万円から始めた方が無難です。

 

テオもウエルスナビ同様に投資一任運用サービスなので、ETF(Exchange Traded Fund/上場投資信託)を組み合わせたポートフォリオの提案にとどまらずに、リバランス、構成銘柄の見直し、自動売買などを全ておまかせせすることができます。

 

 

 

そして何といってもテオの売りはその徹底した分散投資にあります。 

 

通常、株式を含めたリスクが高い資産はその分高い期待収益率を持ちます。ここでいうリスクとは資産の価格変動のばらつきを指します。とはいってもリスクがある分、マイナスになる可能性も高いわけです。

 

それはそうですよね。

 

テオはリスクを分散しつつ、高い期待収益率を保てるポートフォリオとなっています。

およそ40種類のETFから構成され、かつそれぞれのETFの中身を見ると株、債権、不動産、金、原油などと世界86ヶ国で11000銘柄以上を誇ります。

 

基本的に地域ごとに似たリスク特性を有するので、いかにリスク分散ができているのかもわかって頂けると思います。

 

気になる手数料は投資一任報酬のみです。その他手数料は一切かかりません。

 

 

ウエルスナビ 同様に特定口座(源泉徴収あり)にしていればサラリーマンであれば確定申告の必要はありません。

 

まとめ

ウエルスナビとテオに人気が集まるのもわかる気がしますよね。

 

おさえるところはおさえつつ、手数料も安い。そして全てを自動化できる。まさに至れりつくせりですね。

 

結論としてはどちらのサービスもオススメできます。

 

むしろ、両方のサービスを使いながら比較するのも楽しいかもしれないですね。

 

ただ、どちらのサービスを選ぶのにも関わらず、毎月、積立は行うようにしましょう。複利の力は偉大ですからね。




スポンサーリンク
おすすめの記事