f:id:shobrisbane:20180606081526j:plain

 

 

 

 

知らないと損をすることって世の中多いです。

 

今日お話しすることも同じです。学校でも会社でも誰も教えてくれないですからね。

 

なんて言うかひどい世の中ですよ。なんでもかんでも教えろと言うつもりはないですが、それでもこういうお金にまつわる話は会社で教えて欲しいですよね。

 

誰も教えないなら私が教えます。

 

なるべくみんながハッピーになった方が経済回りますからね。

 

ちょっと今更感あって申し訳ないですが、社会保険証について軽くお話しします。

 

ご認識頂いている方もいると思いますが給与から控除されて会社を通じて納付されていますよね。今では4月から6月の給与を元に計算されています。

 

つまり、なるべく4月から6月は残業しないように意識しないといけません。

 

じゃないと搾取されます。

 

まあ、期間変わらず忙しいなら気にしないで大丈夫ですが、年に忙しい月は数えるほどという方は4-6月はなるべく残業は避けるようにするだけで引かれるお金も変わってきますよ。

 

社会保険料の計算方法は基本的に以下の通りです。

 

健康保険料・厚生年金保険料・介護保険料=標準報酬月額×各保険料率

雇用保険料=その月に支払われる総支給額×雇用保険料率

 

健康保険料・厚生年金保険料・介護保険料(以下、健康保険料等)と雇用保険料は、どちらも給与に一定の割合を乗じるという同様の計算方法によっているようにもみえますが、実は両者には大きな違いがあります。

 

雇用保険料は毎月の給与に依存するので変動しますが、健康保険料などの保険料は毎月変動しません。

標準報酬月額は原則として年に1度算定されるもので、それにより1年間の保険料が決まるのです。その標準報酬月額は4月から6月の3カ月分の基本給と各種手当等の合計を3で割った金額で計算します。つまり、4月から6月の平均給与を基準に社会保険料が決まるということです。

 

標準報酬月額には、基本給だけではなく、住宅手当、残業手当、通勤手当等、会社員の労働に対して支給されるものすべてを含みます。ただし、出張旅費や立替金、大入り袋や見舞金等、臨時で受け取るものや年3回以下の賞与は標準報酬月額の集計対象とはなりません(賞与に対する社会保険料は別に計算します)。

 

そして、4月から6月の給与を基礎に算定された標準報酬月額は、9月から1年間、社会保険料の金額の計算に適用されます。そのため、極端な話、4月から6月(残業手当の支給月が翌月の場合は3月から5月)は残業がとても多くて残業手当をたくさん得られた一方で、それ以降はまったく残業がなかったような場合でも、9月から1年間、4月から6月の残業手当を含めた金額水準の社会保険料を納付しなければならない結果となるわけです。

 

ちょっと難しかったかと思いますが、要は4-6月は残業を普段の月より抑えるべきと言いたいわけです。

 

税金はサラリーマンである限り避けられないものです。

 

それでも、なるべく払わないようにしたいですよね。

 

最後までお読みいただき有難うございます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事