f:id:shobrisbane:20180612211854j:plain









Yahoo知恵袋などを見るとダイエット関連の投稿の多さが目立ちました。

そして多くの方が誤った認識をしていることがわかりました。

まず、運動だけでのダイエットはほぼ不可能です。

体型維持は食事の比重が9割を占めます。運動はせいぜい一割です。食事を全く変えずに筋トレ/ランニングを頑張ってもほぼ効果はないでしょう。

効果が現れない方は食事を見直しましょう。逆にいうと食事だけでダイエットはできます。

巷で有名なダイエット本を読んでいると結局は同じことが書いてあります。
それはどんなアプローチでも一定の期間を続ける必要があることです。目安は一年のようです。

大事なのは健康的に痩せられてリバウンドをしない方法ですね。ということからも続けられる内容にすべきだとわかりますよね。

では、続けられる方法とは何でしょうか?

まずやめるのはカロリーを気にすることです。

そもそもカロリー調整は無理があります。カロリーを気にしていたら何も食べれません。何にでもカロリーは含まれているからです。
一方で、カロリーが少なすぎても別の問題を誘発してしまいます。

脳が飢餓状態だと認識するのです。

飢餓状態というのは基礎代謝量を下回る食生活を送っていることをさします。体内のたんぱく質が不足すると使っていない筋肉を
アミノ酸に変えて糖を作るようになります。結果、体重は減りますが筋肉も減ってしまいます。そうすると基礎代謝も減り余計に痩せにくい体になります。

ではどうすれば良いのでしょうか。

一番確実なのは糖質制限です。

ライザップをはじめとしたほとんどのパーソナルジムは糖質制限をしています。

なぜ糖質制限なのかは以下記事も参照ください。

www.shobrisbane.com

糖質を摂ると血糖値が上昇し、それを抑えるためにインスリンが分泌します。
分泌されたインスリンは血液中のブドウ糖を肝臓に送ってグリコーゲンという形で蓄積する一方で余った分は中性脂肪に変えて体内に蓄積する働きをします。

結果、太ります。

よく食べる順番を意識すると言いますがあれは理にかなった方法です。

最初からお米などの炭水化物を食べると血糖値が急上昇してしまいます。必ず野菜から食べるようにしましょう。

糖質は摂取量が少なくても問題ありません。確かに脳の栄養は糖質です。頭が疲れているときに糖分を摂ると聞いたことがありますよね。

確かにその通りですが、体内の糖分が不足すると糖新生という代謝を行ってくれます。

糖新生はたんぱく質を材料に糖を作ります。そのため糖質制限では糖質を減らしつつ、しっかりとたんぱく質を補給する必要があります。たんぱく質は筋肉の元になりますからね。たんぱく質は必ず自分の体重g以上は摂るように心がけてください。

健康的な痩せ方は脂肪を落とすことです。筋肉を落とすことではありません。

まずはしっかりとたんぱく質を取りつつ、糖質制限を意識しましょう。

ライザップのように極端な糖質制限(1日50g以内)はオススメしません。

ライザップは2ヶ月で結果を出さなきゃいけないということをもう一度思い出してみてください。

ダイエットをするには正しいアプローチをすることです。まずは以下項目を意識してみてください

・食事が9割。運動1割。

・必要以上にカロリー制限をしない。

・たんぱく質を一日体重g以上摂取するようにする

・主食(炭水化物)は一日二食

最初から一年と決めずに1週間、1ヶ月、3ヶ月と徐々に目標を先に見据えましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事