f:id:shobrisbane:20180624191102j:plain







痩せたいと思っている方は多いでしょう。私もそうです。

ではどうすれば痩せられると思いますか?

すぐに回答できる方は運動とかダイエットと答えるでしょう。

半分正解で半分不正解ですね。運動をしなくてもダイエットはできます。

基礎代謝という言葉は聞いたことがあるでしょう。人が生活するだけで必要なエネルギーです。

つまり、基礎代謝量より摂取するエネルギーが少なければ自ずと痩せますよね。

単純ですが、難解です。わかっていてもなかなかできません。

世の中に情報が溢れていて時として判断に迷いますが、私たちは知らぬ間に意外なところから糖質を摂取しているかもしれません。

私が一番太っていた時期に控えたことで、ダイエットに繋がった悪習慣を参考にしてください。

スポンサーリンク

肥満の原因

エナジードリンク

以前の職場は多忙だったので毎日終電で帰っていました。

十分な睡眠時間が取れないので疲れが取れず、それでも仕事しなければならずに悪循環でした。
そんな時にはエナジードリンクを眠気覚ましに飲んでいました。

私はレッドブルが好きで毎日のように飲んでいました。時には3本飲んでいた日もあります。

今考えると恐ろしいですね。

レッドブルは250mlで糖質量は27g含まれています。

エナジードリンクでも、ものによってはカロリーゼロやシュガーフリーのものもあります。こちらなら糖質制限中も気にせず飲めると思うかもしれません。

ただ、それは糖質量という意味では問題ないですが、なぜ砂糖を入れずに甘さを再現できるのかを考えるべきです。
成分表示をみていただくとわかりますが、ふんだんに人工甘味料が使われています。飲み続けて良いわけがありません。

カフェインも多く含まれているので眠気覚ましには最適かもしれませんが、避けるのが賢明です。

エナジードリンクを飲むのが日課になっている方はコーヒーやお茶に置き換えるのを検討してみてください。
たまにでしたらカロリーゼロ/シュガーフリーのものを選んでも問題はありません。
あくまでも、習慣化されている方は控えるように意識してみましょう。

野菜ジュース

忙しくてもバランスの良い食事を摂る必要があります。

コンビニを多用していた時はよく野菜ジュースで栄養を摂っていました。
よく、これだけで1日分の野菜が摂れますという商品がありますよね。

成分表示を見ると確かにバランスよく栄養を摂取できます。

それでも糖質量は低いものでも10g以上になります。

手軽に野菜を摂るために野菜ジュースは便利です。

でも、ちょっと待ってください。本当にその方法が最善でしょうか?

それなら私はサプリを推奨します。

理由は簡単です。サプリの方が安い且つ、低糖質だからです。

サプリでしたら1日分で炭水化物(糖質+食物繊維)が0.4gです。

Amazonの定期便でしたら50日で1000円弱です。

野菜ジュースは紙パックで1つ100円以上しますから50日で5000円もします。

サプリに切り替えるだけで身体にも懐にも優しいです。

缶コーヒー

無糖なら問題ありません。問題なのはそれ以外です。

xn--cjr779cefd22b.com

容量によっても変わってきますが、缶コーヒーの微糖でも10g前後はあります。

コーヒーが好きな方ですと1日一杯というわけにはいきませんよね。

つまり、缶コーヒーを飲んだ分だけ糖質を採っているということを理解してください。

コーヒーをブラックで飲めない人にははちみつやココナッツシュガーをお試しください。

まとめ

習慣化したことを疑う機会はなかなかないです。

そもそも指摘されないと気づかないものです。

野菜ジュースは1日何回も飲む人はいないと思いますが、エナジードリンクや缶コーヒーならありえますからね。
確かに一本では大したことないですが、積み重なると危険です。

糖質量だけではなく食品添加物など身体に蓄積されると害になるものが多く含まれています。

日々の生活を見直すだけで改善できることは必ずあります。

自分の口に入れるものをもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事