f:id:shobrisbane:20180908151108j:plain







今回は疲れはてて何も作りたくないときに手軽にできる節約レシピを紹介します。

これはマジでオススメ。なぜかというと調味料を除くと必要なのは豆腐とサバ缶だけです。

かなりお財布に優しいですし、その癖、糖質量も極限まで抑えられています。

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

材料

木綿豆腐 一丁(350g)

f:id:shobrisbane:20180722164508j:plain

豆腐は豊富にたんぱく質を含んでいます。

なんと、350gあたり、おおよそ24.85gです。

一回分のプロテインに匹敵する量です。

炭水化物が100gあたりで1.8gなので、350gでも6.3gしかありません。

サバ缶(水煮) 一缶

スーパーに売っているものならなんでも良いです。どこにでもあると思います。

安いのなら160gを100円で売ってます。
f:id:shobrisbane:20180619064556p:plain

炭水化物(糖質+食物繊維)なんと0.1gです。

あまりこういうことを軽々しく言いたくはないですが、まさに神食品。

DHA/EPAもふんだんに使われているので是非とも普段の食事にも取り入れたいですね。

なお、DHA/EPAの重要性については過去記事もご参照ください。糖質制限中も脂質は重要です。

サバ缶は必ず水煮にしてください。味噌煮と煮付けはやめてください。糖質量が高いです

調味料

バター(チューブ)  適量

生姜(チューブ)  適量

味噌       スプーン一杯

カレーパウダー   適量

鶏ガラスープの素 適量

七味唐辛子    適量

調味料はこれだけです。適量と書いてありますが、適量というよりは適当で大丈夫です。

私も毎回適当に入れていますが、美味しかった記憶しかありません。

スポンサーリンク

レシピ

1.生姜とバターを鍋で30秒ほど加熱します

2.豆腐を投入して更に一分ほど水を飛ばします

3.味噌、カレーパウダー、鶏ガラスープの素、鯖缶、水(150g前後)を投入して中火で5分程度煮込みます

4.器によそって好みに応じてネギを入れて七味唐辛子をまぶします

味はカレー風味が強いですね。ピリ辛のカレーをイメージしてください。

短時間しか煮込んでいませんがサバが良い感じにほぐれています。

味噌はあまり主張してこないので、言われないと味噌が入っているとは気づきにくいです。

全ての調味料を入れても糖質量は10グラムを切るので、

夜食としても最適なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事