f:id:shobrisbane:20180818114814j:plain







先月時点でも言った通り、WealthNavi(ウェルスナビ)とは違いTHEO(テオ)ではマイナスを

経験したことがありません。

だからなのか、THEO(テオ)にログインするときはいつも銀行預金を確認する心境になります。

それだけの安心感がTHEO(テオ)にはあるのでしょう。

先月時点では+10,389(1.76%)円でした。

それがどう変わったのかを見ていきましょう。

結果は+30,018(4.84%)円です

急激に上昇していますね。

当たり前ですが、これが銀行との違いです。

こういうのを目の当たりにしてしまうと、10数年もの定期預金になんのメリットが

あったのだろうと思ってしまいます。

預けていたお金も数百万円程度(それでも私にとっては大金です)だったので、

増えたお金も微々たるものです。少し豪華なレストランに行ったら一回で消える程度です。

そう考えると古い固定観念でお金と接するのは良くないですね。

私もそういう環境で育ったせいなのか、銀行の定期預金が正義と思った時期がありました。

それがおかしいなと思ったのはこの本に出会ったからです。

本に出会う前から色々とおかしいなと思うところはありました。

親の職業で差はないのに豊かな暮らしをしている人とそうではない暮らしを

している人との差が顕著なのです。

豊かな暮らしをしている家は明らかに羽振りが良かったものです。

その当時は何か怪しい仕事でもしているのかもと考えていました。

でも、蓋をあけるとそうではなかったことがわかりました。

世の中は総じて単純で行動を起こしたか起こしていないかで、

その後の生活が大いに変わってきます。

その典型が投資なのではないでしょうか。

投資って確かに難しいイメージはありますし、損するのが怖いです。

でも、それって投機であって投資ではないですよ。

投資ならこの本を読むとイメージを掴みやすいと思います。

要は複利です。そして短期ではなく長期で毎月決まった額を積み立てる。

この継続力が何より重要です。

この方法であれば将来的に資産を増やす可能性が格段に高まります。

ロボアドバイザーも同じです。毎月決まった額を積み立てる。

運用はロボアドバイザーに全て丸投げ。

そうすれば私のようにお金に関する知識が皆無でも将来的には資産を増やす可能性が高いわけです。

THEO(テオ)に関してはまだ5ヶ月なので説得力はないですが、定期預金をしている方からすると

この方法は目から鱗のはずです。むしろ、このやり方は定期預金をしている方にこそ

あっているのだと思います。

だって、相場に張り付くこともなければ運用する必要もない。

やることはTHEO(テオ)の口座を開いてから、一定額を預けて、運用についての

質問に最初に答えるだけです。

積立をする場合は設定は必要ですが、いつでも設定も解除もできます。

あとは基本、放置です。

どうですか? 銀行預金と何ら変わらないですよね?

ロボアドバイザーは一時的に元本を割る可能性もありますが、長期で運用するので

THEO(テオ)へのログインを控えるようにしていれば気になることはありません。

投資で一番怖いのは感情です。何にでもそうですが、感情が揺さぶられている状態で

決断を迫られた時ってほとんど後で後悔しますからね。

全て放置で将来的に資産を増やしたい方はロボアドバイザーは十分選択肢になりますね。

まだ信用できないという方はTHEO(テオ)6ヶ月後の運用実績を見てから決めるのもありですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事