iPhone6を使い始めてから4年と4ヶ月近くが経過しました。

毎年のようにiPhoneはリニューアルしますが、使おうとすればいくらでも使えることがわかりました。
まだまだ十分現役ですし、もうしばらくおつきあいいただくと思います。

もちろん、最新機種になればできることは増えてきます。欲しい機能が上位機種にあれば
買い替えるべきだとも思います。

私も防水機能が欲しくてiPhone7以上を考慮したこともありますが、結局断念しました。

理由は、結局は今の機能で満足しているからです。防水はあるに越したことはないですけど、
そうそう水没させる機会はありませんよね。

それに移行手続きも多少面倒くさいのもあります。格安SIMを使っているので、
キャリアのサポートもあまり期待できず自分一人でする必要があります。

といいつつも、いつかに備える必要があります。顕著に劣化する機能があるからです。

そうです、バッテリーです

4年以上使えばApplecareも余裕で切れてますよね。

私がApple storeに行ったのは2018年12月中だったので、幸いなことに割安料金(3200円)でした。

でも、調べてみると2019年1月以降でも以前と比べるとお得な値段で交換できるようです。
以前は保証対象外だと8800円という躊躇してしまう金額でした。

値段次第でバッテリー交換を検討している方もいらっしゃると思うので情報共有します。

スポンサーリンク

iPhone6以上のバッテリーを交換するまでの手順

正直、スマホを手放せない人は多いでしょう。

なので、Appleへの配送で交換する方法は割愛します。数日以上かかるからです。

まずは[Appleサポート]というスマホアプリをapple storeよりダウンロードします。

ダウンロードした後でアプリを起動して下段の[サポートを利用する]を選択した上で該当のiPhoneを選択します。
ここではiPhone6を選択します。

そうするとサポート内容が出てくるので[バッテリーと充電]を選択します。

そのあとは簡単ですね。[バッテリー交換]を選択します。

そうするとあとは予約できそうな店舗を探すだけです。[ストアを検索]を選びましょう。

そうすると、自分の位置情報から近い店舗を表示してくれます。
予約できる店舗は[次に予約可能]の文字が見える店舗です。

基本的にアプリでの予約はこの先一週間が対象ですので、一週間以内の予約が全てうまっていれば
その店舗からは[次に対応可能]の表記は見えません。

試しにApple渋谷を選んでみます。

そうすると最短で2019年1月10日の予約可能時間帯が表示されます。

15:40を試しにタップしてみます。

内容に問題がなければ予約を押しましょう。そうすると予約完了です。
予約完了後に行う項目があります。

タスクを実行を選択します。

データバックアップとソフトウェアのアップデートです

これは予約を行ってから実店舗に訪れるまでならいつでもできます。
予約完了するとアプリ起動でいつでも予約の確認ができます。

予約変更もキャンセルも予約をタップすれば簡単に変更できるので必要に応じてお試しください

実店舗に行ってからの注意点などは?

私が訪れた実店舗は渋谷だったのですが、サポート場所のGeneus barは最上階の3階でした。

要件をお伝えするとスタッフがタブレッドで名前を確認します。その上で整理券をお渡されるので、
呼ばれるまで待つ必要があります。

時間帯は18:00頃だったのが影響しているのか、席は満席で壁脇で待っている人も数人いました。

それでも、18:30には担当スタッフが付いてくれました。

注意点としては誓約書を書かされるところですね。誓約書の内容は万が一データが消失する可能性がある、
バッテリー交換で本体に影響があった場合、最悪、別の筐体と交換する必要があるということです。

つまり、運が悪ければ数日、もしくは一週間以上待つ必要があるようです。

でも、あくまでも念には念を入れて誓約書を書かせているのでしょう。

私の複数の友人も私自身のiPhoneもバッテリー交換をしましたが、データも消えず、
新品バッテリーへの入れ替えを完了しています。

ただ、注意点というか一番困ったのは待ち時間が2時間半かかったことです

まさかそんなにかかるとは思わなかったので、時間潰すのに一苦労しました。

一方でスタッフの対応は丁寧で、お支払いは現金だけではなくクレジットカードなども問題なく使えたのは良かったです。

受け取り時間20:45の引き取り証を頂く際に混む時間帯なので20分以上かかる可能性があると言っていましたが、
15分程度の待ち時間で新しいバッテリーのiphone6ちゃんをゲットできました。

どうやら、Apple storeのスタッフは総じて大げさにいうようなマニュアルでもあるのでしょう

スポンサーリンク

交換してみてどうだった?

正直、最高という言葉しか浮かんでこないです

バッテリーを交換すると文字通りバッテリーの最大容量は100%になります。

交換前は82%でしたが、それでも電源の減りは顕著でしたし、Apple storeのスタッフも80%を切るようなことがあれば、
すぐの交換を勧められたので8割あるといっても決して安心できないと実感しました。

普段はモバイルバッテリーが必須でしたが、バッテリーを交換してからはその必要性を感じなくなりました

ただ、日をまたぐ移動の際は必要でしょう。

まとめ

バッテリーに不満があって機種変を検討している方はまずはバッテリー交換を検討しましょう

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRなどの最新機種は交換費用が7,800円かかりますが、
iPhone6以降のそれ以外の機種は5,400円です

バッテリー交換してからしばらく使えばいざ機種変しようと思った時に、
買おうとしている機種が安くなっている可能性が高いです。

それにiPhoneだけがApple製品ではありません。

iPhoneはバッテリー交換して、iPhone用に残していたその資金を別のApple製品に使う選択肢もありなのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事