ウェルスナビ(WealthNavi)で運用を始めてから14ヶ月が経ちます。

年が明けてから復調の兆しが見えています。
とは言え、未だマイナスなのは事実です。

あくまでも余剰金で運用しているので懐は痛まないですが
そろそろプラスに転じて欲しいです。

ということで、まずは先月時点の結果を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

ウェルスナビ(WealthNavi)の先月(13ヶ月後)時点での運用実績

結果を見れば改善しているのはわかります。
わかりますが、それでもマイナスなのは事実です。

とはいえ13ヶ月もの運用実績があるからこそ
-¥34,194円(-1.71%)」でも動じないのでしょう。

一時期では30万近くマイナスであったので、それと比べると微々たるものですね。

そうはいっても余剰金での運用が
気持ちを落ち着けているのだと思います。

ウェルスナビ(WealthNavi)の今月(14ヶ月後)時点での運用実績

先々月がマイナス10万近く。そして先月がマイナス3万ちょい。
そうなると期待してしまうのが心情ですよね。

ダウ平均株価もこの1ヶ月停滞し続けることもなく徐々に右肩上がりとなっています。
結果をみるのもそこまで苦じゃない自分がいます(笑)

結果的には-¥4,125円(-0.20%)と、改善し続けている事実がありますね。

スポンサーリンク

ウェルスナビ(WealthNavi)の運用実績について

ウェルスナビ(WealthNavi)が優秀だというのは
わかっていただけたのではないでしょうか。

もちろんまだマイナスなのは事実ですし、
銀行預金の方が優っていると言われると
結果的に見ればそうなります。

一方で、一時的ではあるもののプラスに転じている瞬間は少なからずあります。

そういうタイミングで売ってしまえば損することはないと断言できます。
現にマイナスが続いていますが、プラスに転じている時も一瞬ではありません。

もっと儲けたいという気持ちを抑えれば売る機会を逸する
という状況は避けられるのではないでしょうか。

さいごに

何度も同じことを言っていますが、ウェルスナビ(WealthNavi)で
私がしていることはありません。

完全に全てお任せです。銀行からの定額引き落としの設定もしているので、
自然と毎月一定額を預金できています。

ということは、していることは銀行預金と変わらないということです。

そうは言っても、ゼロ金利で利子が期待できない銀行と違い、
ロボアドは必ず資産を増やすチャンスはあります。

チャンスという言葉さえ大げさに響きますね

だって、プラスのタイミングは決して一瞬ではないですから。
それに将来に備えてのロボアドなので、
一時的にマイナスに転じても問題はありません。

その分安く買えると考え自動積立を続けながら追加購入しても良いと思うレベルです

投資は怖い。それはそうかもしれません。

自分の資産が減ってしまうのは恐怖以外の何者でもありません。

とはいえ、自分で投資の勉強をするのは時間もコストもかかります

それでしたら年率1%の手数料で最初からプロにお任せするのが
結果的にはプラスになる可能性が高いのではないでしょうか。

私はこの先もウェルスナビ(WealthNavi)に身を委ねます。

理由は楽だからです。楽じゃないと続けられません

学生であっても社会人であっても時間は限られています

投資は将来に備えるものであって今のためのものではありません。
そして時間は有限です。その有限な時間を将来のためではなく、
今しかできないことのために使った方が有意義ではないでしょうか。

ウェルスナビ(WealthNavi)は10万円から始められるので決してハードルは高くありません。




銀行のように入出金もできるので、わざわざ銀行に余剰金を預けておくメリットもありません。

この機会に余剰金の一部をウェルスナビ(WealthNavi)に預けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事