恒例のウェルスナビ(WealthNavi)の運用実績報告の時間です。

なんども言っていますが、完全放置です。

お金が何よりも大事な私でさえ放置できています。
銀行にお金を預けっぱなしという勿体無いことを
している人にこそ最適なサービスです。

前置きはこのくらいにして先月時点での結果を振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

ウェルスナビ(WealthNavi)の先月(16ヶ月後)時点での運用実績

「先月はまたも暗黒の時代に戻りました」

でも、チャートを見ると毎月の積立額(3,0000円)は
確実に積み上がっているのは分かりますね。

初見の人に補足ですが、「チャートの上下が激しい箇所は
個人的にお金を預けたり引き落としているからであって、
景気のせいではありません」

要は銀行と同じように使えるのがロボアドバイザーのメリットですね。

資産額に合わせて1%の手数料はかかりますが、それ以外は無料です。
ネットバンクと合わせて活用することで引き出し手数料も無料ですよ。

銀行は営業時間外は手数料かかるのでそれだけでも
ロボアドバイザーに軍配が上がります。

ウェルスナビ(WealthNavi)の今月(17ヶ月後)時点での運用実績

先月から変動はほぼないですね。

ドル建てだとずいぶんかわっているように見えますが、
これは算出方法を変更しただけのようです。

「そもそも引き出す時は日本円なので、ここではよりサービスが使いやすくなった」

とでも思っていてください。

スポンサーリンク

ウェルスナビ(WealthNavi)の運用実績について

あまり追記することはないですが、確実に言えるのは
「積立をすることで確実に資産は右肩上がりになっている」 これに尽きます。

今の段階で損益を気にするのはナンセンスです。

このお金はあくまでも将来のためのものです。
よって、運用実績に一喜一憂する必要はありませんね。

さいごに

私の運用実績を見ていただければわかりますが、
損益は景気に左右されます。

「景気が停滞を続けることは歴史上もありませんので、
あまり一時的なマイナスに怯える必要もないです」

余剰金で運用していれば急にお金が
必要になることもないですしね。

それでしたら、数年後、数十年後、お金が
必要になるタイミングは人によりますが、
プラスになったタイミングで全額引き出せば良いだけです。

私も一時的に20万円以上マイナスになった時期もありましたが
余剰金で運用していたので焦ることはなかったです。

ロボアドバイザーは比較的新しい投資の形です。
まだまだ心配なのは当然です。

だったら、一部の余剰金で始めてみましょう。





「老後資金が年金以外に2,000万必要と言われている時代です」

何もしていない方は今から将来に備えましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事