投資を決断してから最初に手を出したのが個別株でした。

もう、10年近く前の話です。最初の方は少しプラスになっていましたが、プラスになったのは序盤だけです。それも当然ですよね。大きい会社だから。知っている会社だからと何も分析せずに買っていれば勝ち続けられるわけがありません。

そこからしばらくは投資は怖いものという考えが確立されてしまったので数年間は定期預金が正義だと勘違いしていました。

そこからです。投資信託というプロに投資をお任せする方法があるのを知ったのは。今思えば無知の極みです。今もそこから対してかわっていません。それでも現実に積み上げられているのは一概にTHEO(テオ)のサービスが優れているからでしょう。

全てをお任せできてユーザに投資の知識は不要なTHEO(テオ)の運用実績を今月もみていきましょう。

スポンサーリンク

THEO(テオ)の先月(1年7ヶ月後)時点での運用実績

先月時点では「+46,942(4.56%)」でした。

それを物足りないと思う人もいるでしょう。とはいえ、個別株で痛い目にあったのでプラスであるだけでも嬉しいのに、一年半少しで積み上げられているので概ね満足しています。

THEO(テオ)の今月(1年8ヶ月後)時点での運用実績

「+70,373(6.64%)」は驚きの数字です。

毎月積立を続けてきたことも大きいでしょう。チャートを見ると基本的にTHEO(テオ)はマイナスの時期も少ないので安心して見ていられますね。

スポンサーリンク

THEO(テオ)の評価評判総括は?

「繰り返しますが、THEO(テオ)はプラスの時期が相対的に長いです」

経済状態が悪くても踏みとどまり、経済状態が良い時にはブーストします。投資の理想形ですね。いつでも入出金できるので銀行預金を続けている方には理想的な投資法です。何より最初に銀行の自動振り込みの設定をするだけです。そこからは完全放置で良いので時間がない方にはうってつけです。

THEO(テオ)のまとめ

THEO(テオ)の利点は私の運用実績が示していますのであえて語りません。

私も投資を検討していた時はロボアドバイザー?AIで運用? 完全放置でOK? めちゃくちゃ怪しいと思っていました(笑)

「なんでもそうですがやってみないと意外とわからないものです」

私の場合は最初は疑心暗鬼でしたが現にプラスになっています。もちろん、始める時期によってはマイナスになりますし、続けていればマイナスの時期もきます。少しでもマイナスになるのが嫌だという人には向かないでしょう。

一方で、しばらく使う予定のない銀行預金があって、将来に備えたいけど何をすれば良いのかわからない。投資をするにも何から勉強すれば良いのか分からない。短中期的にはマイナスになっても将来的に資産が増えれば良いという方には「THEO(テオ)」が向いています。



理由は簡単だからです。あくまでも余剰金で始めるのなら一時的な金額の増減は気にしなくなるだろうし、かえってそういうタイプであれば続けやすいです。私のような面倒くさがりに特にむいていますね。何かやりたいけど面倒臭いと考えてるなら資料請求だけでもしてみましょう。アカウント開設するだけなら無料です。心配なら小額で初めてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事