「世間は四連休ですね」

久しぶりに電車に乗りましたがすでに以前の人口密度に戻っていました。不安はもちろんありますが、以前の生活に近づいたという意味ではポジティブですよね。ただ一方でそんな状況なので株価は不安定です。なかなか新規参入者が利を得にくい状況です。

でも安心してください。「ロボアドバイザー THEO(テオ)」があります。私が力説してもおまえ誰やねんとなってしまうので運用実績から判断してください。

スポンサーリンク

THEO(テオ)の先月(2年4ヶ月後)時点での運用実績

一時期ガクンと落ちていましたがものの見事に復活を遂げたのが先月時点でした。これを継続して欲しいと思いますが、果たしてどうだったのでしょうか。

THEO(テオ)の今月(2年5ヶ月後)時点での運用実績

先月時点よりは悪化しましたが、プラス収支なので何も感じませんね(笑)

まあまあまあ、こんな日もあるさという気持ちだけですね。

スポンサーリンク

THEO(テオ)の評価評判総括は?

これだけを見ると2年5ヶ月続けていて「+5,104円」だけか、という思いのはずです。

私からしたら「最初は50万だったけど資産を3倍近くまで増やせた」なんですよね。投資は続けて勝ち続けるのが玄人でも難しいくらいです。資産を増やせたという謙虚な気持ちでいられるならTHEO(テオ)のメリットを感じられるはずです。

THEO(テオ)のまとめ

「銀行預金を続けている辛抱強い人にTHEO(テオ)は向いています」

私も以前は定期預金をしていました。とはいえ、数年預けて缶ジュース数本分とかだと萎えてしまいますよね。それにも関わらず休日にお金を数回下ろすと相殺というかマイナスになります。

現金を安全に預けられるのが銀行の唯一のメリットのような気がします。といいつつも、先日の不正引き出しの件もあるので銀行に預けるメリットは年々薄れてきています。

古い価値観を持っていると躊躇してしまうのですが、金持ち父さんを読めば意識がかわります。

「私を定期預金から救ってくれた本です」

調べていただくとわかりますが、定期預金で5,000円の利益を出すのにいくらを何年間預ければ良いと思いますか。

「ざっくりとですが315万円を10年間預けてようやく5,000円です」

気が遠くなる話です。これでも続ける価値があるのかを自問自答しましょう。私はその上でTHEO(テオ)を選びました。

以前は資産が減るのが怖くて避けていた投資ですが、少なくとも+(0%以上)の時期の方がトータルで多いのでプラスの時期に換金するだけの話です。一時的なマイナスなんて痛くも痒くもないです。

「銀行預金と同じように使えて資産がより増える。どちらを選べば良いかは明白ですね」



投資には複利の力が働くので早く始めるに越したことはないです。ちょっとした余剰金で始められるので、気になったら口座開設だけしちゃいましょう。口座維持手数料など一切かかりません。始めたい時に口座がないのでは機会損失ですからね。

それでも判断できないなら来月の運用実績をお待ちください。

スポンサーリンク
おすすめの記事