優秀なロボアドバイザーTHEO(テオ)、運用開始から一年2ヶ月が経ちました。

預けている金額はウェルスナビ(WealthNavi)よりは少ないですが、
私はパフォーマンスの良いTHEO(テオ)をより信用しています。

これは運用を始めた時期に完全に依存しますが、
誰でも成績がより良い方に、より気持ちは傾きます。

それでは先月を振り返っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ロボアドバイザー THEOの先月(1年1ヶ月後)時点での運用実績

先月時点では「米中貿易摩擦」があり、景気は停滞していました。

ウェルスナビ(WealthNavi)は影響を受けていましたが、
THEO(テオ)は無傷と言っても良いパフォマンスでした。

「THEO(テオ)のポートフォリオが優れている証明になった月でもありました」

ロボアドバイザー THEOの今月(1年2ヶ月後)時点での運用実績

結果は積立の3万円分が積み上げられたというのが正しいのかもしれません。

先月時点より円高になったのでその分日本円でのパフォーマンスは
落ちましたが、同じレートであればほぼ変わらない結果でしたね。

スポンサーリンク

ロボアドバイザーTHEO(テオ)の評価評判総括は?

「投資を始めていなければお金は一切貯まらなかったでしょう」

当たり前のことですがそれが真実です。

THEO(テオ)に関して言えば1年2ヶ月現在で「885,246円」です。
最初に預けた50万円を考慮しないと「385,246円」を1年2ヶ月間で
貯めたことになります。

銀行に預けることを仮定すると節約を意識付けていても
これほど貯まることはなかったでしょう。

お金が貯まるにつれて複利の力も働くので
貯める期間が長いほうがメリットも大きくなります。

ロボアドバイザーTHEO(テオ)を今後も続けるのか?

「むしろ続けない理由があったら教えて欲しいです」

そう言い切れるほどにメリットは多大です。

普段使う銀行で振替設定を一度してしまえば
以降は毎月定額をTHEO(テオ)専用アカウントに移せます。

生活に必要なお金だけが銀行口座に残るので、
あとは残金で生活するのみです。

毎月いくら貯めると宣言するのは良いですが
気持ちだけでは続かない時もあります。

「銀行口座にお金があれば使ってしまうのが人間だからです」

THEO(テオ)でも銀行口座と同じように入出金はできますが、
THEO(テオ)のアカウントにログインする手間があるからです。

「THEO(テオ)を始めても良いかと思ったら善は急げです」

THEO

ちなみに業界最大手のウェルスナビ(WealthNavi)もTHEO(テオ)と同様に使えます。



どちらのサービスも一長一短はありますが、私は両方とも満足なので、
好きな方を選びましょう。というか始める前から比べられるわけはないので、
フィーリングで決めて良いと思います。

「確実なのは何もしないと将来は変わらない」ということだけです。

将来が不安なら決断しましょう。
ロボアドバイザーではなく積立投資なら100円からでも始められますよ。

決断するのが難しければ決断できた時に備えて
証券会社の口座だけでも先に開設しておきましょう。





SBI証券ならWebサイトに投資に関する情報も幅広く、初心者に有益な情報も多いです。
何より「ネット証券口座開設数No.1」なので安心ですね。

「口座開設も口座維持も全て無料です」

口座開設まで長いと1ヶ月以上かかるので将来に備えたければ少しでも早く行動しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事