「コロナウイルスは依然猛威を振るうっています」

経済活動は依然と制限されているので先行きは見えていない状況が続いていますね。相場も読めないので個人投資家には苦しい時期です。

ではそんな時はどうすれば良いのでしょう?

私なら積立投資と答えるでしょう。「複利」「ドルコスト平均法」で年月を経て積み上げられるからです。

ウェルスナビ(WealthNavi)では積立投資ができます。面倒くさい操作は一切ありません。口座を開いた後に積立の設定をするだけです。あとは勝手に運用してくれます。

「忙しい現代人には必須のサービスです」

何それ?儲かるの?と思うかもしれませんが、それは私の運用実績をみて各自で判断してください。

スポンサーリンク

ウェルスナビ(WealthNavi)の先月(2年4ヶ月後)時点での運用実績

このブログが初見の人から見ると「-¥102,340(-4.86%)」は一大事でしょう。とはいえ、先々月の運用実績をみるとだいぶ改善していることがわかるかと思います。

ウェルスナビ(WealthNavi)の今月(2年5ヶ月後)時点での運用実績

この結果を見てどう判断するかはあなた次第です。チャート見ると2月にかけて急降下していますが、右肩上がりに改善しているのが明確ですね。

スポンサーリンク

ウェルスナビ(WealthNavi)の運用実績について

「積立投資のポテンシャルが少しは伝わったと思っています」

続ければ続けるだけプラスになる可能性が高いのが積立投資の特徴です。私のような投資初心者が一攫千金を狙って個別株を狙うのはリスクが高すぎです。

ちなみに投資初心者が個別株を適当に買うとこうなります。

「見事にマイナスですね。それはそうですよね。適当に個別株を買うなんてギャンブルのようなものです」

その点、ウェルスナビ(WealthNavi)でやることは毎月積立を継続するだけです。それだけで長いスパンで見ると資産を増やせる可能性が限りなく高くなります。

さいごに

投資初心者の私に言えることは限られています。一つ言えることは人間には感情があるので運用にはなるべく関わらないべきであるというのが持論です。上記にある個別株の運用実績を見ればわかりますが、売ったら損をするという感情のもと、見事に塩漬けされています。

できればその分の資産でウェルスナビ(WealthNavi)に上乗せできればと願わずにはいられません。

運用を完全お任せできるので結果を見る機会も大幅に減りました。全てを機械的に淡々と処理してもらえるので長期的に見れば高確率で資産を積み上げられます。





「10万円から始められますし、積立も1万円からできます」

ウェルスナビ(WealthNavi)ならロボアドバイザー預かり資産No.1なので、不安も少ないですね。

いつでも出金できるので迷ったらまずは資料請求だけでもしましょう。

「何を始めるにも遅いことはないですが、始めるのが早い方が有利なのは事実です」

将来に備えてすぐに行動に移しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事