投資に興味がある。投資を始めたい。

そう思っている人に一つだけサービスを紹介するとしたら
私の中ではTHEO(テオ)を挙げます。

理由は単純明快で結果が出ているからです

確かに投資は中長期をかけて行うものなので
まだ結論を出すには時期尚早です。

とはいっても、景気が悪くても被害は最小限
好景気の時の伸び幅も半端ないので
やらない理由を見つける方が大変です。

ということで今月も結果をみていきましょう。

これを見ればTHEO(テオ)の優秀さを
少しは理解いただけるでしょう。

スポンサーリンク

THEO(テオ)の先月(1年4ヶ月後)時点での運用実績

先月時点ではダウも暴落していたので
この結果「-20,406(-2.17%)」になるのは仕方ないでしょう。

よく踏みとどまっているとも言えますね。

THEO(テオ)の今月(1年5ヶ月後)時点での運用実績

先月時点では「-20,406(-2.17%)」でしたが、今月時点では「+21,996(2.27%」です。

お金は命の次に大事なものなので
資産の増減に一喜一憂するのも無理はないです。

ただ、私の運用実績を見るとわかりますが
マイナスもプラスも未来永劫続くことはありえません

よって、必ず来るプラスの時期に向けて
しっかりと積立を続ける必要があります。

スポンサーリンク

THEO(テオ)の評価評判総括は?

先月時点では資産が919,594円でした。
それが991,996円と100万円到達が間近です。

来月には100円を超えるでしょう

毎月3万円の積立はしてますが、順調に資産を増やしているのが
わかってもらえると思います。

繰り返しますが大事なのは続けることです。

THEO(テオ)のまとめ

冷たいですが投資に確実なことは言えません。
全て自己責任です。

私は以前、投資に良いイメージを持っておらず
銀行の定期預金に全額預けていました。

「ゼロ金利の時代なので利息はほぼ付きません」

加えて、同じ銀行の普通預金で時間外手数料を
取られていたので差し引きゼロに等しい状況でした。

今考えるともったいないことをしたと思っています。

お金に関する勉強は今まで受けていなかったので
定期預金が正義だと勘違いしていました。

転機となったのが、かの有名な「金持ち父さん貧乏父さん」を読んでからです。

そうはいってもしばらくは決断ができずに先延ばししていました。
それまで行なっていた習慣や考え方を変えるのは容易ではないです。

今だから銀行預金からTHEO(テオ)に切り替えたのが英断だと言えますが
当時は不安で仕方ありませんでした。

こればかりはやってみないとわかりませんね。

なので、決断しましょう

最初から全てをTHEO(テオ)の口座に移す必要はありません。

THEO

投資で大事なのは負荷分散です

10万円くらいの少額から始めて
成果が出たら増やせば良いのです。

THEO(テオ)は銀行口座と同様に使えます

よって、サービスが気に入らなければ全額
出金すれば良いだけの話です。

始める決断がついたら、SBI証券を始めとした
ネット銀行口座も用意しましょう。




THEO(テオ)を始めるなら積立は必須です

とは言え、銀行からの自動振替で手数料が
かかってしまっては本末転倒です。

必ず振込手数料無料のネット銀行を
活用しましょう。

今の生活を大事にしつつも将来に備えたい。
そんな時はTHEO(テオ)が最適です。

完全放置でプロが運用してくれるのでメリットしかありませんよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事