今月もウェルスナビ(WealthNavi)の運用実績を報告する時期がやってきました。1ヶ月は本当にあっという間ですね。前回報告したのがつい先日のように感じられます。1ヶ月じゃ物事は大きく変わらないと思いますが、私の中では大きな変化がありました。

「それは転職先が決まったことです」

そしてつい先日、上司に辞める旨をお伝えしました。まあなんというか5年同じ会社にいると情がありますし、人間関係が良好な会社なので後からこみ上げてくるものがありました。まあ、私の状況なんて知らねえよと思っている方が大半だと思いますが、私が伝えたいことはただ一つです。

「人生に出会いや別れはつきものですが自分自身とは別れられない」

これに尽きます。

「今頑張るのも遊ぶのも何をしないのも全ては自分次第です。将来的にはその責任を必ず自分自身が負うことになります」

私が「ウェルスナビ(WealthNavi)」を続けるのは将来のためです。月々三万円の積み立てなので余剰金で無理のない範囲で続けられるのが何よりのメリットです。話が長くなりましたが「ウェルスナビ(WealthNavi)」の2年1ヶ月経過時点での運用実績をみていきましょう。

スポンサーリンク

ウェルスナビ(WealthNavi)の先月(2年後)時点での運用実績

先月時点では「+¥244,541(+12.32%)」だったので、その前の月と比較しても大幅に上昇しているのがわかります。景気の良い時期だとより一層複利の恩恵を受けますね。

ウェルスナビ(WealthNavi)の今月(2年1ヶ月後)時点での運用実績

金額的には毎月三万円を積立てているのでその分が積み上がっていますが、パーセンテージでいうと先月に比べて少し下がっているのがわかりますね。とは言え許容範囲でしょう。

スポンサーリンク

ウェルスナビ(WealthNavi)の運用実績について

新型コロナウイルスの影響もあり経済が停滞している中でよく踏ん張っているなというのが正直な感想です。

「私が塩漬けしているとある製造業の個別株は軒並み大打撃を受けています...」

どういった状況でもリスク分散がされているのが「ウェルスナビ(WealthNavi)」の強みであると実感した1ヶ月でもありました。

さいごに

「なかなか新しいことを決断するのは時間も要りますし勇気も必要ですよね」

私の転職を例に挙げると今回転職先が決まったので30半ばで5社目となります。まあ、まだ転職していないので4社目ですが。今までは転職が決まって喜びしかありませんでした。なので、決断は容易でした。現職は全てに満たされているので転職先が決まっても複雑な心境でした。

「それじゃなんで転職するんだよ?」

に対する答えは別途記事にしようと思います。

話は最初に戻りますが、「人生に出会いや別れはつきものですが自分自身とは別れられない」ことは誰もがわかっていることです。一方でなかなか行動に移せない人が多いのも事実です。私も他人のことは言えませんが。

でも、「ウェルスナビ(WealthNavi)」を始めたことで毎月貯める癖がついたのと、着実に運用実績という形で恩恵を受けているのが伝わるかと思います。

「ということで決断しましょう」





いきなり運用を始める必要はありません。毎日少しづつでも前進できるかどうかが何よりも重要です。記事を読んだ後とりあえずアカウントを申し込む。

それだけは実践しましょう」

アカウントが作成されるまで手続きに数週間かかるからです。アカウントができたからってすぐに運用する必要はありません。アカウントを保持しているだけでは一切費用はかかりません。

アカウントがあればいつでも気が向いた時に始められますからね。お金は命の次に大事とまでは言えませんが、お金があれば選択肢が広がるのは確かです。だからといって今の生活を犠牲にしてまで投資をするのはバカげています。今を楽しみながら将来に備える。それなら余剰金で運用を自動化してくれる「ウェルスナビ(WealthNavi)」が最適解です。

何をするにも早すぎることはないので思い立った日が吉日ですよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事