海外に行くと日本との違いにカルチャーショックを受けることはしばしばあります

それは必ずしも日本と比べて不便だということではないです。

日本は便利で住みやすい国です。
一方で、ある分野では後進国です。

その一つがタクシーです

日本ではタクシーを呼ぶには電話するかタクシー乗り場で待つかの二択です。
でも、シンガポールは違います。「Grab」という超便利なサービスがあります。

今回はこのサービスを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Grabとは?

まずはGrabについてです。

Grabは一言でいうと「Uber」のようなサービスです。
要は客をGrabドライバーが配送するサービスです。

シンガポールは「Grab」が普及しているからかタクシーが少ないです。
ホテルのタクシー乗り場にいてもなかなか来ません。

一方でGrabであれば5-10分程度で来ます

ホテルでもそうなので、公道でタクシーはまずつかまらないと覚えておく必要があります。

基本的にGrabを使えばGPSを介してあなたの現在地までGrabドライバーが来ます

Grabの使い方とは?

Grabを使うためにはまずアプリをインストールしましょう。
まずというか、やることはそれだけです。

アプリを立ち上げるとアカウントを作成する必要があります。
Facebook/Googleもしくは携帯番号を使って登録できます。

設定を続けると携帯電話での番号認証が必要となります。

GrabのActivation Codeが入力したスマホの番号宛に
ショートメールで送られるので入力して登録を進めます。

通知と位置情報についての確認が求められますが、通知はともかく
位置情報は許可しましょう。Grabは位置情報で
ユーザの現在地を確認するので、許可しないと確認できません。

アカウントに登録されるとgrabからメールも届きますので、
メールアドレスの認証だけはしてしまいましょう。

以上が登録手順となります。

スポンサーリンク

Grabを使う上での注意点とは?

Grabアプリが使えるのはあくまでもGrabが合法な国です。

Grabが利用できない国ではこのような画面になっています。
よって、クレジットカードが登録できるのもGrabが利用できる国に限られます。

試しに日本国内からクレジットカードを登録しようとしても必ず同じエラーメッセージが表示されます。

つまり、シンガポールに行く予定があればチャンギ空港に到着してからアプリを起動しましょう

Grabの利点とは?

現金を持ち歩く必要がない

これはもう、そのまんまの意味です。

事前にクレジットカード情報は必ず登録しておきましょう

Grab taxiではない普通の乗用車では、
領収書を発行する機器など備え付けていないからです。

遠回りされる心配がない(料金が事前にわかる)

海外旅行で心配なのが、タクシーでカモられることです

私も言語がわからないのをいいことにカモられたことはあります。
ただ、Grabではこの心配が必要ないです。

アプリを起動すると現在地に近いドライバーの一覧と金額が表示されます。

事前に金額がわかっているのはドライバーも同じです。
よって、ドライバーも遠回りするメリットはありません。

これは特に女性には安全なのではないでしょうか。

というのも、各ドライバーがどの乗客を送迎しているかは
システム上、明確です。つまり、犯罪に巻き込まれる危険性も普通のタクシーより少ないでしょう。

Grabドライバーをメインビジネスにしている人もサイドビジネスにしている人も
目的は明確です。彼らは稼ぎたい、ただそれだけです。

私はシンガポール滞在中に10名以上のGrabドライバーにお世話になりました。

どのドライバーも親切でしたし、なるべく早く客を捌きたいのです。
親切なのは乗車後にドライバーを評価するシステムがあるからです。

なるべく早く捌きたいのも当然です。

金額が決まっているので、最短で客を送迎して次の客を探したいのです

待ち時間が少ない

GPSであなたに近いドライバー情報が一覧表示されます。

金額だけではなく、あなたの元に到着するまでの所要時間も
表示されます。急いでいるときは到着までの所要時間を目安に選ぶこともできるし、
良い車に乗りたければプレミアムと呼ばれるドライバーを選択できます。

タクシー乗り場でタクシーを待っていてもいつタクシーが来るのかは
日本でもわかりません。よって、Grabがどれだけ使いやすいかは
明確でしょう。

リアルタイムでドライバーの位置がわかる

画像がなくて申し訳ないですが、ドライバーを選んでから
あなたの元に到着するまでの手順は以下となります。

1.地図にドライバーの現在地が車のアイコンとともに表示される。
2.車のアイコンはリアルタイムです。どのルートを通ってあなたの元に行くのかがリアルタイムでわかります。
3.車があなたに接近すると、「車の車種」、「ナンバープレート」、「ドライバー名(レビュー含む)」が表示されます。

ドライバーの現在地がリアルタイムでわかる利点は
最初にドライバーの選択画面で表示される
到着までの所要時間があくまでも目安だからです。

ドライバーによっては、あなたのいる場所の近くにいるのに、
一向に動かない人がいます。その場合は所要時間が
当初の時間より徐々に増えてきます。

急いでいなければ良いですが、朝の急いでいる時間帯は一分一秒が惜しいです

そういった場合は一度選択したドライバーであってもキャンセルして、
他のドライバーを選択しましょう。日本の価値観でドライバーを想像してはダメです。

どの国でも怠慢なドライバーはいます。そういった場合はすぐに運転し始めなければ
キャンセルしましょう。朝の忙しい時間帯はあなたも目的地まで急行したいはずです。

あなたの貴重な時間を無駄にしないためにはキャンセルも有効に使いましょう

Grabの欠点とは?

紙の領収書がない

これは日本での感覚に慣れていると欠点と言えるかもしれません

事前に同僚からクレジットカードの登録を強くすすめられていたので、
登録しましたが、登録しないと他のお支払い方法になります。

他のお支払い方法は試してないのでわかりませんが、
Grabドライバーは自家用車を使っている人が大半です。

そのため、車内にメーターもなければ、領収書を発行する機械もありません

繰り返しますがクレジットカードの登録を強くお勧めします

逆にクレジットカードを登録すればメールで領収書をもらえるので、
プリントアウトすれば経費精算でも使えますよ。

よって、事前にクレジットカードを登録しておけば、
メールで領収書をもらえるのでむしろ利点になりますよね。

紙の領収書だとなくすこともあり得るわけですから。

時間帯によって値段が上限する

日本では深夜時間帯は割増料金が取られますが、
それ以外の時間帯はほぼ例外なく一律料金です。

でも、Grabでは時間帯によって料金が変動します。

特に朝の時間帯、タクシーの需要が高まる時間帯は料金が倍以上になるとか普通にあります

とはいっても、ドライバーの選択肢は多いです。
値段重視なら安いドライバーを選べば良い話です。

おそらく、海外で時間に追われている人はビジネスパーソンが多いです

つまり、会社員です。その場合は経費精算でタクシー代も出ると思うので値段を気にする必要はないですね。

さいごに

英語圏なら良いですが、それ以外の国では英語が通じないことも多いです。

そういった国ではトラブルに遭遇する確率も上がるでしょう。

Grabはそういった時でも支払いのトラブルを解消してくれる最適なツールとなります

シンガポールは英語圏ですが、それを抜かしても「Grab」は使用する価値のあるツールです。

帰国日にタクシー乗り場で待っている人は待ち時間にイライラしていました(笑)
でも、私はものの5分でGrabドライバーを呼ぶことができました。

国ごとに普及しているサービスは異なりますが、シンガポールであれば「Grab」を
使わない理由はないです。

別にGrabドライバーとの会話は求められません。
私も半数以上のドライバーと車内で会話はしておりません。

確かに自家用車ではありますが、彼らは登録しているプロのドライバーです。

事前に金額がわかる分、普通のタクシーより安心できるサービスです。

シンガポールに行くときはぜひ、Grabアプリ使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事