f:id:shobrisbane:20180610133559p:plain



  

人にはダイエットや筋トレを推奨しながら体組成計を持っていなかったので購入しました。上記写真のモデルです。

 

正式名称はRD-906‐BKです。

 

そもそも家電は進化を続けているのでそこまで厳密にスペックチェックはしませんでした。重視したポイントはブルーツースを使ってスマホ(iPhone)で管理できる点くらいですね。

 

いくつかググった上でAmazonのレビューをもとにレビュー数が多く、且つ、評価の良い観点から選びました。値段も安すぎず、高すぎずというところも気に入りました。

 

というか、最近は数千円で買えるのもありますが逆に安すぎるとなぜか不安ですよね 笑

 

そしてさすがはAmazonです。ポッチった翌日には届きましたよ。

f:id:shobrisbane:20180526173844j:plain

 

Amazon歴長いですが例のダンボールで届かないこともあるんですね。

 

早速開けてみます。と、その前にひっくり返してみるとスペックシールが貼ってありました。iPhoneでブルーツースで繋げられるのが確認できたのでまずは一安心です。

f:id:shobrisbane:20180526174302j:plain

 

開けるとかっこいい英語のメッセージとご対面です。モチベーション上がりますね。

f:id:shobrisbane:20180526175159j:plain

 

カバーを外すとシンプルなマニュアルと、レシピカードまで入っている。これは何気に嬉しいですね。何たって体型維持に食事の管理は欠かせないですから。

 

さすがTANITA、わかってますね〜。

f:id:shobrisbane:20180526175318j:plain

 

それでは本体を出してみます。

f:id:shobrisbane:20180526175528j:plain

 

色も黒で正解でした。インテリアとしても優秀ですね。シンプルですが、高級感が漂っています。

 

そして驚くことに薄いんですよ。場所も取らずに風呂場の隙間に置けちゃいます。

f:id:shobrisbane:20180526213645j:plain

 

 

それではクイックスタートガイドを見ていきましょう。

f:id:shobrisbane:20180526213807j:plain

 

私の知る体組成計は電源を入れてから個人データを手入力で入れる認識だったので、いきなりスマホでQRコードからアプリをダウンロードするとは思いませんでした。

 

QRコードから読み取るとTANITAのWebサイトにリダイレクトされるので、今回は対応機種のRD-906を選択します。

 

その前に対応機種を確認するとiPhoneは問題なく使えそうですね。


 

対応アプリも1つじゃないみたいです。

 

 

 

今回はクイックスタートガイドにもあるタニタヘルスプラネットで試してみました。

 

アプリを初めて起動すると最初に無料会員登録が必要となります。

 

会員登録をしてアプリ内でデータ入力のボタンを押すだけでインストラクションに沿って体組成計とペアリングします。後は、体組成計に乗るだけで自動で計測プラスiPhoneへの転送をしてくれます。

 

一旦データがスマホに転送されると下記の表示になりますよ。

f:id:shobrisbane:20180526220829p:plain

 

他にも条件が揃えばカロリー計算や万歩計としても使えるそうですが、私は体重と体脂肪を管理できれば良いので割愛しました。

 

目標設定のところを選択することで目標の体重を入力することもできます。

 

そうすると、目標設定のボタンの上に緑の丸ぽちが見えますが、そこを押すと画面が下のようにグラフに切り替わります。

f:id:shobrisbane:20180526221232p:plain

 

わかりやすいレイアウトですね。自分の体重と目標体重の比較が一目でできます。

 

なお、データを入力ボタンを押すといつでも新しいデータをはかることができます。

f:id:shobrisbane:20180526222328p:plain

 

データを取り込む際に最初だけ体組成計の設定は必要となります。

f:id:shobrisbane:20180526222418p:plain

 

スマホ操作だけで完結できるのが何より便利です。

 

アプリでの操作も簡単なので毎日手軽にできますね。

 

体組成計を探している方には是非ともオススメします。

 

何より使い勝手が良く、続けられるのが一番ですからね。簡単に毎日の記録を比較できるところも、モチベーションを保つためには必要な機能だと思いました。

 

皆さんも自分に合う体組成計を探して見てください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事