f:id:shobrisbane:20180613220040p:plain








仕事はPCを使いプライベートではスマホが手放せない昨今、眼精疲労は身近な問題となりました。

端末でもブルーライトカットの設定はできますが、人によってはあまり効果はありません。
確実なのは液晶用のブルーライトカットフィルムだと思っていた時代もありました。

ただ、その場合は端末ごとに用意する必要があるので現実的ではありません。

そこでたどり着いたのがPCメガネです

メガネといえばJINSやZoffが有名だと思いますが、5000円前後とそこそこ値が張ります。

しかも、ブルーライトカット率が高くなるに比例してレンズも色濃くなるようです。残念なことに会社で使うことを考えると色付きは適していません。

先日不注意から会社用PCメガネを落として全体重で踏みつけてしまいました。きれいな音がしましたよ…

JINSもZoffもブルーライトカット率で値段が変わるわけではないので、まだ5000円の出費かぁと途方に暮れていた時に何気なく見ていたAmazonで激安のPCメガネを発見しました。
メーカーは【エレコム】と安心できますが値段が当時1999円だったので正直疑惑の目を向けていました。

だって、PCメガネが2000円未満ですよ

メガネの相場はわかりませんが、大手のJINSとZoffが同様の値段で売っているので5000円前後が適正かと思っていました。よって1999円は不思議以外のなにものでもありません。

でも、こういうときにレビューのありがたみが身に染みますよね。完全に背中を押された感じです。

そうはいっても、購入を決めた一番の理由はブルーライトカット率ですね。

なんとカット率42%

JINSはこのカット率だと色付きですし、ZoffはJINSよりも少し高い。

色付きだとサングラスのように見えてしまいますし、内勤の方ならまだしも客と直接かかわる仕事をされている場合は避けた方が賢明かもしれないです。

なので、透明グラスでの42%ブルーライトカット率はある意味衝撃的でした。それに何といっても値段が半分以下なのがでかいです。ブルーカットだけではなく紫外線も99%カットというのも大きいですね。

普段かける訳ではないので、おしゃれ要素も不要です。黒縁メガネであればOKの私からすると見た目はOG-YBLC-W01BKでドンピシャでした。

自宅用としてはJINSのFPC-14S-103を使用してます。

両方を実際持ってみても重さはほとんど変わりません。サイズ的にはOG-YBLC-W01BKの方が多少大きいくらいです。業務時間中にOG-YBLC-W01BKをつけっぱなしでも目の疲労度は全くありません。逆にPCメガネをつけずに業務を行うと11時頃には目が限界になります。

まあ、今まではブルーライト25%カットのFPC-14S-103を使っていたので、42%カットのOG-YBLC-W01BKで疲れるわけがないですよね。

安かろう悪かろうというのは完全な思い込みだと悟った瞬間でした

今後は値段に関わらず安くても良いものを発掘していきたいです。

今でも2000円ちょっとですので、PCメガネをお探しの方はOG-YBLC-W01BKを選択肢に加えても良いかもしれません。この値段なら外れても我慢できますね。

私にとってはOG-YBLC-W01BKを購入して結果的には大正解でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事