f:id:shobrisbane:20181002210707j:plain







VRは最近というかかなり前から流行っていますよね。

で、今更ながら参戦しました(笑)

参戦というと大げさですけど、興味は昔からありました。

Playstation VRを始め高価なイメージがありましたが、
決してそんなことはありませんでした。

で、適当にAmazonで調べていたところ、発見したのがSAMONIC 3D VRゴーグル

だったということです。

今回はSAMONIC 3D VRゴーグルを通してVRってどうなのかを

見ていきたいと思います。

f:id:shobrisbane:20181002213021j:plain

届いた商品を開けるとシンプルにゴーグルとリモコン、そして簡易説明書が

ありました。他にもイヤホンが入っていました。

で、使い方を見ると少しネガティブになりました。理由は画像を見てください。

f:id:shobrisbane:20181002213433j:plain

要はiOSだと操作に制限があるということです

@(電源ボタン)とDモード(ボリュームダウン)のみ作動するようです。

なんでやねんとツッコミたくなりました。

でも、仕方ないですし、Amazonを注視するとiOSでは制限があると明記してあるので、

私の確認ミスですね。

f:id:shobrisbane:20181002213908j:plain

そこまでは納得していました。

でも...、でもですよ。電池入れてもそもそもがコントローラの電源が入らねえー

これは明らかに初期不良ですやんとツッコミたくなりました。

でも、値段も値段ですので、リモコン云々よりもVRを体感するのが大事だと判断しました。

そうして、DMMのVR対応のアプリをスマホにダウンロードしつつ、DMMのVR対応の

ムフフな動画をダウンロードしました。

このVRゴーグルの使い方は基本的にiPhone、もしくはアンドロイドのスマホでVR対応の

動画を再生しつつ、VRゴーグルに装着するのです。

f:id:shobrisbane:20181002214545j:plain

VRは普通の動画とは異なり自分の視点を動かすことで、

180度に渡ってその空間を見渡すことができます。

他のVRは知りませんが、DMMのVR動画では残りの180度は真っ暗でした。

※何を言っているかわからない人はVR動画をスマホで再生しながら

同じ体勢のまま横に一周してみてください

スマホを左右に動かすと見える場面がずれるので、

それでVRの仕組みが少しわかるかと思います。

この機種の欠点としてはiOSと言いながらもコントローラに電池を入れても認識されないので、

動画を早めたり、戻したりするためにはわざわざiPhoneを取り出す必要がありました


※電池を入れても電源が入らないのは単純に初期不良の可能性が高いかもしれません

それは面倒臭いですし、ゴーグルに隙間があるので、そこから見える現実にげんなりしますよ。

しかもゴーグル自体も重いので30分で頭が限界でした。

ピントも調節できるのですが、最後までピントが合いませんでした。

視界がぼやけるわけではなく、あくまでも焦点が合わないだけです。

ですが、VRを体験したい方はこの値段でもどっぷりとVRの世界に浸れるので

第一歩としては悪くないかもしれません

少なくともVRの可能性は見れた気がします。

Amazonなら製品に満足しなければ30日以内は返品もできるので、一度試すのも悪くないですね

スポンサーリンク
おすすめの記事