ネットワークエンジニアが本業の@shobrisbaneです。

ネットワーク関連の資格といえばCCNA/CCNPが定番ですが、
ベンダー試験は残念なことに有効期限があります。

ということで、CCNP更新が近づいている私が
何で更新するのがベストなのかを考えてみました。

スポンサーリンク

CCNP更新時期におすすめは?

CCNP SWITCH

まず考えたのはCCNP SWITCHです。

理由は一番業務に直結する資格だからです

仕事でばりばりSWITCHの実機を触る機会があっても
使う技術は偏ります。

現場によっては私のように
ネットワークエンジニアという名の
インフラエンジニア(社内SE)であれば
そもそもネットワーク以外にも
やることがあるからです。

「そういう環境で三年も過ごしていると知識は衰えます」

そういった意味でもCCNP SWITCHで更新を狙うのはアリですね。

CCNP TSHOOT

一番現実的に最短で更新できる資格です

「更新日が近づいている」/「他に勉強したいことがある」なら、
CCNPの更新に時間をかけるべきではありません。

私も最初はCCNP SWITCHと迷いましたが、
最終的にはCCNP TSHOOTに決めました。

理由は更新日が1ヶ月程度しかないことです

CCNPを勉強すると言ったらPing-tが定番ですが、
加えて合格体験記を見るとCCNP SWITCHの範囲が
Ping-tだけでは補えないというコメントもありました。

何より繁忙期でそれだけの時間を資格にコミットできないのが理由です

また、私はネットワークスペシャリストの資格を保持していないので、
CCNPは最短で更新してネットワークスペシャリストの
勉強で知識を補充するのはアリだと思ったからです。

ネットワークエンジニア界隈では有名な「ネットワークエンジニアとして」ですが、
そこでもネットワークスペシャリストは評価されている資格です。

CCDP(300-320 ARCH)

CCDPはCisco Certified Design Professionalの略です。

CCNPの更新に「300-320 ARCH」を受けるのもありでしょう。

更新条件に300-xxxのプロフェッショナルレベル試験の一つに合格とあるので
CCNPの更新はできます。

とはいえ、CCDP認定を受けるためには
CCDAを合格しなくてはいけません

これは同じ資格で更新したくない人/資格コレクターに向いていると言えますね

CCIE Written

これはまあ...選択肢としてはありますがあまりオススメできないです

あなたがCCIE取得のために既に走り出しているなら何も言いません。
是非ともCCIE取得のために頑張ってください。

「その場合の注意点としては筆記合格してから3年以内にラボ合格、
1年半以内に1回目のラボ試験に合格しなくてはいけません」

それに新しい認定試験にかわるので2020年2月23日までに
合格しなければならないのを理解しましょう

あくまでもCCIEを目指す場合です。目指さなくても制約はあります。

「CCIEはスペシャリスト認定試験のため有効期限が二年間です」

2年後にまた更新時期が来ます。

それに受験費用もCCNP一教科よりもCCIE Writingの方が高いです。
CCIE Writtenを受けようとしているなら
会社に受験費をだしてくれるか相談した方が良いでしょう。

結論は?

上記でもあげましたが私の場合は「CCNP TSHOOT」ですね。

ネットワークのベースとなる技術はここ十年かわりません

もし私にネットワークスペシャリストの資格があれば「CCNP SWITCH」を選んだでしょう。

確かに新しい技術(SDN/OpenFlowなど)も出てきますが、
そのベースとなるのは不変の知識です。

ネットワークエンジニアになると忙しくてなかなか勉強する暇がありません。
業務からも多くのことを学びますが、ネットワークエンジニアとしての
全ての範囲を業務から学べる人は限られているでしょう。

そういった意味でも3年毎のCCNP試験は理に叶っているとも言えます。

とはいえ、試験代は年々上昇しているのはなんとかしてもらいたいものですね。

なかなか更新のために受講料を出してとは頼みずらいかもしれませんが、
その場合は業務に直結したプロフェッショナルレベルを狙うのも
ありかもしれません。

その場合は全て英語になるので今まで以上に
勉強時間が必要となるのは覚悟しましょう。

ということで、結論となっているかはわかりませんが、
CCNPの更新について考えてみました。

一つ言えることは2020年2月24日にCISCO試験は刷新されるとアナウンスされたので
更新を控えている人はそれまでに更新しましょう

スポンサーリンク
おすすめの記事